歯磨き

近年は、トリミングサロンもトリミングの際のオプションとして「歯磨き」を歯ブラシ+歯石除去もついて提供しています。そういう我が社も行っています。


しかし、歯磨き週間の無いご家庭の愛犬をスケラー(金具)を使ってまで歯石取りをして綺麗にしても獣医さんと違って削った後の歯の表面をポリッシャーで磨くことができないのでかえってその後の歯石をつきやすくしてしまうことも多々あります。


指サックなど使って「歯磨き」とおもって愛犬の口をお手入れしている方もいらっしゃいますが、問題なのは歯の根元と歯茎のきわである「プラーク」にポケットが有るか無いか、もしくはポケットが大きく化膿していないかが重要です。


飲み水の中に添加して歯石予防する商品もありますが、弊社では数年間使用しているし、今もガロンといって2Lくらいいっぺんに買ってしまったので使い続けていますが、歯磨きを止めたらすぐに付着しているので効果は気休めと思っています。


日本の動物歯科をけん引する小動物歯科研究会の藤田会長は72時間以内に1回最低限歯磨きする、できれば二日に一回を守ればかなり歯のトラブルは回避できるとおっしゃっていました。日々少しずつ続けることで苦痛を訴えられない愛犬の生活が守られます。


歯の治療に関しては、一般開業獣医師と専門医では全く診断は異なります。

出来る限り歯の専門医をお選びすることをお薦めします。

患者を取られると思って二次診療としての歯科医への紹介を行わない動物病院もあるようですが、そのような姿勢ではそもそも主治医として信頼すべきではないでしょう。

情報を入手する際には、ネット上の良い評判よりも小動物歯科研究会などに問い合わせるなどして紹介を得ることをお薦めします。


注意点としては、どんなに愛犬を愛していても飼い主が口の中を愛犬に舐めさせたり口移しを行うことは危険なので止めましょう。犬の口腔内の雑菌が人に移ることもあります。逆に飼い主の歯周病菌が犬の口腔から心臓周辺に付着していた例も心臓外科の権威が発表しています。


#小動物歯科研究会 #フジタ動物病院 #愛犬の歯のお手入れ 

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

主治医からのお説教

この文章は、じつは2019年の年末に起きたことを書いています。 今さらかと言われればそうなんですが、時間経過で事実が変わるわけでもないので下書きから公開に変更します。 年末ということで雑務に追われ、28日は今年最後の愛犬たちの健康確認を信頼できる代理人にお願いして主治医である葛西りんかい動物病院へ連れて行ってもらいました。 長期の服用薬がたくさんあります。 するとなんだかんだとズレが生じて、無くな

レプトスピラ症に注意!

台風や豪雨の後ということペット関連のでニュースを話題になっているのが「レプトスピラ症」のようです。病気が何たるかはネットニュースに任せますね。 子犬の時期を中心に「混合ワクチン」の中に含まれていますね。特に8種だ9種だという時は大抵レプトスピラへの対策種類が増えている場合が主ですね。そして、、、アレルギー反応のリスクも増えます。 大切なポイントです。 とあるメーカー関係者自信が語っているという形の

緊急時の熱中症対応に役立つモノとは?

最近は過剰なほどにコンビニがある。が、犬を連れて出かけた海や山の周辺で必ずあるとはいえない。そこで役立つのが清涼飲料水を売っている自動販売機だ。体調の悪くなっている犬の内股、お腹と大腿部の付け根辺りには太い静脈があるのでそこを目指して缶ジュースの胴部分を押し付けるのだ。ペットボトルよりアルミ製を選ぶ。そして振っても噴出しない内容物にする。振るのは犬の皮膚に触れている部分を出来るだけ冷やしたいからだ

©2018 当サイトは株式会社アンビシャスにより制作され写真や文章の無断転載は著作権により固く禁止します。
犬に関わる活動において株式会社アンビシャスは「アンビシャス」を商標として登録しています。同種の活動においては他社他団体は「アンビシャス」を呼称として使用できません。

東京での【犬のしつけ教室】、トイプードルのしつけ、犬のトイレ相談は東京のアンビシャスへ|犬の問題解決やしつけ相談は訪問して丁寧にご対応|東京での家庭犬の相談は三島毅先生へ|東京都の犬のトイレ、マーキングなどのお悩みもお任せ下さい

【名称】アンビシャス ドッグライフ・クリエイター 【表記】 AMBITIOUS Dog Life Creator 【運営】株式会社アンビシャス