google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

2022年秋公開の映画「線は僕を描く」を応援します!

アンビシャス代表の三島は以前に水墨画を嗜んでいました。

いくつかの展覧会に出展し、入賞もしています。




それは師匠が素晴らしい方だったからです!

おおらかでいつも優しくご指導いただきました。


その師匠である小林東雲先生が、2022年秋公開の水墨画を描いた作品の監修・指導をなさっています。主演は横浜流星さんです。


コロナもあり、その撮影はとても大変だったご様子ですが、素晴らしい映画ができたと東雲先生もおっしゃっていました。


水墨画の線は、本当にその人を描きます!

横浜流星さんの水蓮の葉の「切りつける日本刀のような勢い」は彼の空手家としてのあり方が映し出されたものだと思います。


あっさりと抜かされた弟子なのでこれ以上の解説はやめましょう。

ぜひ公開した暁には皆さま多くの方々に水墨画が身近な存在となることを願っています。


そんな師匠の作品をまとめた動画に接し、映画の公開前に水墨画にまずは親しんでいただけたら幸いです。




#水墨画 #線は僕を描く #小林東雲 #横浜流星 #2022年秋公開の映画

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ネットニュースとしてご覧になっている方もいるでしょう。 コロナ感染した飼い主が、家族が自分だけだったのか入院と同時に役所に犬の保護を求めたそうです。 しかし、その願いが叶わないと知ると飼い主は愛犬を街に離しました。 役所は、その離された犬にも感染を広めるリスクがあるかおしれないと判断したのか捕獲ではなく死を与えたのです。 逃げ惑う犬は車の下に一度は隠れたのですが、タイミングを見て持っていたスコップ