超大切なトレーニング!子犬ちゃんの性格は環境への馴らし方で決まる!!

2019年9月18日配信 メルマガより


子犬もワクチン接種が済むとまちに待ったお散歩

デビューですね!

でも、いきなり期待通りには子犬は歩きません。

今まで室内で暮らしていては聞こえない音やモノ

を見るし、何よりも振動を体に感じます。


一つ一つ馴らすことをこれから暮らす社会を知る

という事から「(社会)環境馴致」と言います。

大きく4つに分けると「静かな公園」「少し音が

聞こえ少し人を見る住宅街」「人の多い商店街」

「大きな音や大きな車が通る大通り」となります。

はじめは自宅の前から抱っこした状態でデビュー

させましょう。大型犬の子供で抱っこできなけれ

ば、イスでも出してしばらくの時間をゆったりイ

スに腰掛けながら過ごし屋外の音を耳に聞かせま

す。


馴れてきたら静かな住宅街を通って公園に行く。

もっと馴れてきたら途中少しずつ商店街や大通り

を体験させます。

いきなりす全てを歩かせません。

30m抱っこしたら5~10m歩かせてみる。

そして再び抱っこという具合です。

全てのことは「少しずつ。。。」がポイントです。

そして、1回のお散歩が30分以上よりも1回の

お散歩は5分程度、それを1日に3~5回繰り返

した方が早く屋外の状況に慣れてきます。


子犬の心が疲弊する前に抱っこして支えになって

あげる。もうこりごりと子犬が降参する前に連れ

帰ってしまう。

そういった配慮により子犬の心はゆとりを失わず

に屋外の刺激を受け止めるようになるのです。


#犬の幼稚園に行く前に大切なこと

#犬の保育園に行く前に大切なこと

#子犬の育て方重要変

#子犬の環境馴らしについて

#子犬のために自宅がしつけ教室

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

良い子犬の見分け方が「キャベツ!?」

2019年11月28日 メルマガより いつも長くなるパートなのでザックリと お伝えします。 子犬を持ち上げた時に「あれ!?思って いたよりズシッとくるなぁ。。。」とい う子を選びましょうということです。 野菜のキャベツも買う前にもって葉のつ まり具合を調べませんか? 明確な根拠はないのですが、想像をお伝 えします。 子犬には、まだ運動するための筋力はあ りません。 あるのは生きるために必要な脳と消

「アテンション」って?

2019年11月28日 メルマガより 昔からときどき訓練をかなりやっている だろう人からも尋ねられます。 ●キャリア5年の訓練士 「私の犬は訓練してても私の顔を見ない んです。どうすれば見るようになります か?」 ●ボーダーコリーで訓練競技会の常連と 思われる人 「なんでもできるんだけど私の顔だけ見 ないから、そこだけ治したいの。」 いきなり店内に入ってきて「そこ」だけ だからタダで教えろ!ってこ

©2018 当サイトは株式会社アンビシャスにより制作され写真や文章の無断転載は著作権により固く禁止します。
犬に関わる活動において株式会社アンビシャスは「アンビシャス」を商標として登録しています。同種の活動においては他社他団体は「アンビシャス」を呼称として使用できません。

東京での【犬のしつけ教室】、トイプードルのしつけ教室、犬のトイレ相談は世田谷区のアンビシャスドッグアカデミー|犬のトレーニングやご相談はオンライン教室でも開催中です|東京での犬の幼稚園は三島毅先生が担当致します|世田谷での犬のトイレ相談、犬のしつけ教室、トイプードルのしつけ教室もお任せ下さい

【名称】アンビシャス ドッグアカデミー 【表記】 AMBITIOUS Dog Academy 【運営】株式会社アンビシャス
【動物取扱業登録証】 18東京都訓第005902号 18東京都保第005902 18第東京都販第005902