google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

繁殖の倫理観

2019年9月28日 アンビシャスのメルマガ「̪̪犬好きが知っ得なメルマガVol.4」より



日頃もとても気にしていること。その中

心を射抜くような記事を見つけました。


一時はバラクオバマ元大統領も欲しがっ

たラブラドゥードルの生みの親である繁

殖者のお話です。


彼はラブラドゥードルを誕生させたこと

を「私は怪物を誕生させてしまった。」

と表現するほどにとても後悔しているそ

うです。理由は、遺伝的な疾患が全体の

7割を超えている事に気づき繁殖を中止

したかったそうです。しかしながらバラク

オバマ元大統領も欲しがったことから世界

的に人気が出てしまい、一獲千金を狙った

増殖屋たちが繁殖し続けたそうです。当然

、多くのこの犬種に疾患の疑いがもたれて

います。


彼はこう言っています。

「世界中では今でも、金儲けにしか興味が

ない冷酷なブリーダーらによる『子犬工場

』が乱立し、最終的に捨てられて施設で安

楽死させられるラブラドゥードルたちが量

産され続けています。倫理的なブリーダー

もいますが、ごく一握りしかいません」

そして最後に

「私は現役時代に31頭のラブラドゥード

ルを育てましたが、年金暮らしの今はラブ

ラドール・レトリバーのロッキーとジャズ

と一緒に粗末なあばら屋に住んでいます。

もし、ラブラドゥードルをもっとたくさん

売っていたら大金持ちになって豪邸に住ん

でいたことでしょうが、良心がそれを許し

ませんでした」

心に刺さるご意見です。

チワプー(チワワ×プードル)、マルプー

(マルチーズ×プードル)など今の日本に

もたくさんのハーフ犬が存在しています。

もちろん犬たちが悪いわけでもなく、命の

重さも軽いはずがありません。問題は、疾

患をもって生き続けなければならない、そ

ういった犬たちへ十字架を背負わせる繁殖

を止めない人間がい続けることです。

皆さんはどうお感じになりましたか?


詳しくお読みになりたい方へ

https://www.google.com/url?rct=j&sa=t&url=https://gigazine.net/news/20190926-labradoodle-designer-regret/&ct=ga&cd=CAEYASoUMTU2Njg5MDA1MDEyNzczOTQyMzQyGmEwNDNkMTRlNTFlNjhlMGY6Y29tOmphOlVT&usg=AFQjCNHE194BKYkEEqcHDohBUo2K-4pe_w


#アンビシャスドッグアカデミー #愛犬の繁殖について  #繁殖へのモラル  #犬への愛情と理性

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示