google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

相談先の不思議?

犬の世界は不思議である。「犬のしつけ」や「犬の飼い方」をどこへ皆さんは相談なさっているのでしょう。

①獣医さん

②ペットショップ

③ブリーダー

④同じ愛犬家

だいたいこんなところでしょう。言い換えれば・・・

①幼児の「整形外科医」「内科医」といった立場かな。

②子供関係の売り場担当者

③これは言い換え無理か。敢えて言い換えるならば半保育施設かな。。。

④近所の同級生のママ


冷静になってみましょう。本当に尋ねますか? 本当に言われたことに従いますか?


愛犬家の不思議です。

もういい加減気付きましょう。  しつけは教育は教育の専門家にご依頼なさることをお薦めします。 それぞれがそれぞれの専門分野を突き詰めるべき時なのです。


#犬のしつけ #犬の相談先 #犬の犬の飼い方は飼い方はどこへどこへ相談するべき

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ネットニュースとしてご覧になっている方もいるでしょう。 コロナ感染した飼い主が、家族が自分だけだったのか入院と同時に役所に犬の保護を求めたそうです。 しかし、その願いが叶わないと知ると飼い主は愛犬を街に離しました。 役所は、その離された犬にも感染を広めるリスクがあるかおしれないと判断したのか捕獲ではなく死を与えたのです。 逃げ惑う犬は車の下に一度は隠れたのですが、タイミングを見て持っていたスコップ

いよいよですか〜 小型の犬や猫を飛行機機内に持ち込めるサービスを中堅航空会社のスターフライヤーが(2022年)3月下旬から始めるそうですね。 対象が北九州ー羽田の1日計4便。 各便「1匹限定」とは・・・プレミアムチケットですね! じつは私の見る限りではお値段もプレミアムでして1匹5万円だそうです。 温度設定が正確でない貨物室での移動を考えれば、シニア層のワンちゃん猫ちゃんの飼い主や心臓に不安を持つ