皮下補液開始です。

14歳のサラダちゃんに対しては、やはりセンシティブに対応を判断しています。2月など冬でも体調によっては口からの水分摂取では足りないので皮下補液によって体内の水分を補います。そして、やはり暑さは一層注意が必要ですね。5月にも真夏日があったように月日では判断できません。用心のために100mlを摂取させました。水分が不足すると尿のphも崩れますし、脱水症状に陥ります。各種臓器の負担が一挙に増えます。なによりも本人がだるいだろうから。。。皮下補液とは、犬の皮膚は人が服を着ているのに近い状態です。人で例えるならば皮膚と服の間の層にソルアセトなどのリンゲル液を注入することです。注入された補液は、時間をかけて(およそ6~8時間くらい)体内に徐々に吸収されます。じつは、吸収時間もその子の体調に左右されるので現状把握の手掛かりになります。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

主治医からのお説教

この文章は、じつは2019年の年末に起きたことを書いています。 今さらかと言われればそうなんですが、時間経過で事実が変わるわけでもないので下書きから公開に変更します。 年末ということで雑務に追われ、28日は今年最後の愛犬たちの健康確認を信頼できる代理人にお願いして主治医である葛西りんかい動物病院へ連れて行ってもらいました。 長期の服用薬がたくさんあります。 するとなんだかんだとズレが生じて、無くな

レプトスピラ症に注意!

台風や豪雨の後ということペット関連のでニュースを話題になっているのが「レプトスピラ症」のようです。病気が何たるかはネットニュースに任せますね。 子犬の時期を中心に「混合ワクチン」の中に含まれていますね。特に8種だ9種だという時は大抵レプトスピラへの対策種類が増えている場合が主ですね。そして、、、アレルギー反応のリスクも増えます。 大切なポイントです。 とあるメーカー関係者自信が語っているという形の

緊急時の熱中症対応に役立つモノとは?

最近は過剰なほどにコンビニがある。が、犬を連れて出かけた海や山の周辺で必ずあるとはいえない。そこで役立つのが清涼飲料水を売っている自動販売機だ。体調の悪くなっている犬の内股、お腹と大腿部の付け根辺りには太い静脈があるのでそこを目指して缶ジュースの胴部分を押し付けるのだ。ペットボトルよりアルミ製を選ぶ。そして振っても噴出しない内容物にする。振るのは犬の皮膚に触れている部分を出来るだけ冷やしたいからだ

©2018 当サイトは株式会社アンビシャスにより制作され写真や文章の無断転載は著作権により固く禁止します。
犬に関わる活動において株式会社アンビシャスは「アンビシャス」を商標として登録しています。同種の活動においては他社他団体は「アンビシャス」を呼称として使用できません。

東京での【犬のしつけ教室】、トイプードルのしつけ、犬のトイレ相談は東京のアンビシャスへ|犬の問題解決やしつけ相談は訪問して丁寧にご対応|東京での家庭犬の相談は三島毅先生へ|東京都の犬のトイレ、マーキングなどのお悩みもお任せ下さい

【名称】アンビシャス ドッグライフ・クリエイター 【表記】 AMBITIOUS Dog Life Creator 【運営】株式会社アンビシャス