google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

犬の訓練士の雑談 中国古典より

2020年5月8日 配信メルマガより


◇中国古典から「自尊心の持ち方」


昔、春秋時代に孔子も尊敬する大首相が

いました。

誰からも好かれ尊敬されていた首相でし

た。

ある日、その首相の乗る馬車を操る運転

手の妻が旦那の働きを見ていたそうです。


夜になり、旦那が帰宅するとその妻、旦

那に離縁を申し出たそうです。

「首相は身長が150センチメートルに

も満たない小柄なお方ですが、斉の国の

首相として名が知れ渡っています。今日、

私はそのお出かけの姿をお見受けしまし

たが、思慮深いご様子で、とてもへりく

だっていらっしゃいました。


ところがあなたは180センチメートル

以上もある大男なのに運転手をしている

だけで驕り高ぶった様子。だから私は離

縁したいと思ったのです。」


亭主は以後はつとめて謙虚な態度を取る

ようになったと。

すると、、、謙虚な姿勢を認めた首相が、

その後にその亭主を中級の貴族へと取り

立てられたそうです。


リーマンショックにコロナ騒動。

再び多くの会社や個人が倒産するので

しょう。

立ち直れる人は

「あなた、いつまで辞めた会社の地位を

引きずっているのですか。今の自分で勝

負できないのですか!」と新しい扉を開

けられた人だけが再起に進めるのでしょ

う。


参考文献

守屋淳先生著

「本当の知性を身につけるための中国古

典」より


守屋先生は、友人でもあるのですが、メ

チャクチャ謙虚な方です。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ネットニュースとしてご覧になっている方もいるでしょう。 コロナ感染した飼い主が、家族が自分だけだったのか入院と同時に役所に犬の保護を求めたそうです。 しかし、その願いが叶わないと知ると飼い主は愛犬を街に離しました。 役所は、その離された犬にも感染を広めるリスクがあるかおしれないと判断したのか捕獲ではなく死を与えたのです。 逃げ惑う犬は車の下に一度は隠れたのですが、タイミングを見て持っていたスコップ