google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

犬の訓練士って馬鹿ばっかり?

2020年5月18日 配信メルマガより


◆馬鹿ばっかり!?


強烈なタイトルですね。

これは何のことかと言うとトレーニン

グ方法について「英国式」「行動心理

学を・・・」「アメリカ式」など語る

ことです。


ビジネスでいうと

例えてみますね!


反社会的な組織がありました。=企業


弱者からでもガンガンお金を巻き上げ

て利益を増やそう!と考えます。=ビ

ジネス・スタイル


芸能人に薬物を売りつければ高く売れ

るぞ!=ビジネス・モデル


あの芸人ならこうやって段取りをつけ

ればそのうちに手放せなくなるぞ=ビ

ジネス・メソッド


ためらったらこう言ってやれば罪悪感

が無くなるよ。=ビジネス・テクニッ


例えもタイトルに合わせて少々乱暴に

なりました。

日本には素晴らしい芸能の人々しかい

ません!


例文を参考に犬のしつけビジネスを表

現します。


英国式だの、行動心理学がだのはビジ

ネス・モデルの話です。


つまり、それ以前の愛犬家であるお客

様がどんな暮らしを望んでいるか。

だって「ライフ・スタイル」って言い

ませんか?


そこから

希望

条件

能力

時間

予算

主義

などの関係から適切な「モデル=見本」

が必要になります。

そして、どうしたら「次はあなたの番で

すね」となるのかしっかりとステップが

出来ていないと道が無いわけですから

「メソッド」が求められます。


個々の愛犬に向けた直接的なトレーニン

グ・テクニックは重要ですね。


その他に説明能力があります。


私は、お話をしながらお客様を3つの脳

タイプに分けて判断し、論理的に話すべ

きか、課題を与えるように役割を明確に

お伝えするのか、感傷的にワクワクする

お話をするのか、じつは分けています。


今回は残念ながらこのあたりで一旦結果