犬の行動が変わるわけ

例えば、同じようにリードをつけて歩いているだけなのに訓練士が連れて歩くとマナーが良くなり、一般人が連れて歩いても何も変わらないのはなぜだろう?


その理由の一つが、、多くのは声を掛ける(指示を与える)前にリードを引いてしまうからです。声を掛けられる前にリードを通じて犬の動作を制限したり引っ張ったりしているので犬が自主的に変化する機会を作っていないことが理由です。 

正しい扱い方 

①指示を与える。(声を掛ける) 

②リードを引く(ショックを与える) 

③望んだ行動を取らせる。 

④素敵だと犬と共に喜ぶ。 

が、ざっと犬の行動を人に都合の良い動きに変化させるポイントです。


最初が、一番がリードの引きという物理的な刺激だと、リードが無いときに言うことを効きません。連想なのです。 

①リードの刺激 ②声 ③求めた動き だと

①が無くなると②以降が思い出されないのです。


おいで!⇒リードによる補助⇒行動⇒褒め


最後にリードによる補助は引っ張り続けずに小刻みに一瞬一瞬の引きの繰り返しによりサポートしましょう。「リードは人の意思を伝える補助具」であることを忘れないように日々のしつけを楽しんでください。 

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

良い子犬の見分け方が「キャベツ!?」

2019年11月28日 メルマガより いつも長くなるパートなのでザックリと お伝えします。 子犬を持ち上げた時に「あれ!?思って いたよりズシッとくるなぁ。。。」とい う子を選びましょうということです。 野菜のキャベツも買う前にもって葉のつ まり具合を調べませんか? 明確な根拠はないのですが、想像をお伝 えします。 子犬には、まだ運動するための筋力はあ りません。 あるのは生きるために必要な脳と消

「アテンション」って?

2019年11月28日 メルマガより 昔からときどき訓練をかなりやっている だろう人からも尋ねられます。 ●キャリア5年の訓練士 「私の犬は訓練してても私の顔を見ない んです。どうすれば見るようになります か?」 ●ボーダーコリーで訓練競技会の常連と 思われる人 「なんでもできるんだけど私の顔だけ見 ないから、そこだけ治したいの。」 いきなり店内に入ってきて「そこ」だけ だからタダで教えろ!ってこ

©2018 当サイトは株式会社アンビシャスにより制作され写真や文章の無断転載は著作権により固く禁止します。
犬に関わる活動において株式会社アンビシャスは「アンビシャス」を商標として登録しています。同種の活動においては他社他団体は「アンビシャス」を呼称として使用できません。

東京での【犬のしつけ教室】、トイプードルのしつけ、犬のトイレ相談は東京のアンビシャスへ|犬の問題解決やしつけ相談は訪問して丁寧にご対応|東京での家庭犬の相談は三島毅先生へ|東京都の犬のトイレ、マーキングなどのお悩みもお任せ下さい

【名称】アンビシャス ドッグライフ・クリエイター 【表記】 AMBITIOUS Dog Life Creator 【運営】株式会社アンビシャス