google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

犬のお悩みを解決するステップについて

2020年2月8日 メルマガより


ご愛犬のお悩みをご相談をいただき、私どもが改善を試み

る時の手順をご説明します。


1、診断をします。

診断には、大きく分けて2つの内容が必

要です。

〇ワンちゃんの「性格」と「性質」

〇一緒に暮らした様子「過去」と「現在」


2、治療に進みます。

治療は、大きく分けて2つの内容の折り

合いを考えて進めます。

〇「現在」と「未来(理想の暮らし)」

〇ワンちゃんの行動の「消去」と「強化」


多くの方がQ&Aのような「こんな問題は

どうやって治すの?」とご相談ではなく、

これくらいちょっと教えてよ的にお話を

なさいます。


意地悪ではなく、本当に話せないのです。

理由は、もうお分かりですね。


そうなんです、過去も知らなければ、性

格も性質も知りません。


治すつもりで行なった対処で予想と違っ

ている反応をワンちゃんがしても、それ

も対処できません。


アンビシャスでは「カウンセリング」に

力を入れているし、一番のセールスポイ

ントだと考えているのはこんな理由があ

るからなのです。


トイレのお悩みも7割の相談者が1回の

カウンセリングでかなり改善し、悩みに

は入らなくなったとお話下さいます。


1回で治らない方も、その後のレッスン

クラスで速やかに治療的にトレーニング

ができるので進度がとても早いです。


ご友人など周りにワンちゃんとの暮らし

でお困りの方には是非一度アンビシャス

へご相談なさることをお薦めください。


現在、ZOOMアプリを利用したオンラインでのご相談を

中心にご対応はさせていただいております。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ネットニュースとしてご覧になっている方もいるでしょう。 コロナ感染した飼い主が、家族が自分だけだったのか入院と同時に役所に犬の保護を求めたそうです。 しかし、その願いが叶わないと知ると飼い主は愛犬を街に離しました。 役所は、その離された犬にも感染を広めるリスクがあるかおしれないと判断したのか捕獲ではなく死を与えたのです。 逃げ惑う犬は車の下に一度は隠れたのですが、タイミングを見て持っていたスコップ