本来のドッグ・ショーの意味

ブリーダーを名乗る人間なら当然知っていなければならないことを書いています。

しかし、残念ながらブリーダーと名乗る「増殖屋」ばかりなので知らない輩だらけです。


奇形などの苦しむ犬たちが増えないためにも、プロを目指す人には、しっかりとした本当の知識であり経験を取得してくれることを願います。



2019年10月8日 メルマガ記事より


◆ドッグ・ショーの意味

ドッグ・ショーの意味というと必ず繁殖が

関わってきます。

『ドッグ・ショーの意味』とは、「その犬

種の保護・発展」です。

その犬種らしさを失わせず、能力を一層高

めよう、が理念です。

簡単に言うと「親を超えない目的の繁殖は

増殖である」と私は思っています。

どんなに可愛くても遺伝性疾患があればそ

の血液は絶やすべき。疾患のある遺伝子を

継承した場合は、子犬が生涯苦しむかもし

れませんし、飼い主は多額の治療費を背負

い込まなければならないかもしれません。

近年は小型犬の犬種を超えた繁殖も増えて

います。

このようなケースでは、各疾患への遺伝は

もちろん精神的な問題も未知数です。可愛

いのは飼主だけとか、命の重みをとやかく

申しているのではありません。

一緒に暮らす犬なら長い時間を安らかに過

ごしてもらいたいと願うのも「親心」では

ないでしょうか。


順位を付けるのは、繁殖家が目指す方向性

を示す目的からです。

ただ「理想の犬種を作りましょう!」とい

っても追い求める姿がビジュアル化されて

いないとなかなか追随は困難です。ですか

ら、今日ならばこの子が一番理想的ですよ

、と見ている観客でもある繁殖家へ知らせ

る意味が順位を付ける行為となるのが本来

の意図です。

長くなるお話なので機会を定期的に持ちご

説明をしていきたいと思います。


#三島毅のメルマガ #アンビシャスドッグアカデミーメルマガ #犬の繁殖学 

#ドッグショーとは #ドッグショーの本来の意味とは

最新記事

すべて表示

自分の足の毛をかじる犬について

2019年12月8日配信 メルマガより 一生懸命に管理しているのに前脚や後ろ 足をかじる犬がいます。 私の経験では、前足をかじる犬、その行 動は「常同行動」と呼ばれ人の「貧乏ゆ すり」「爪噛み行動」と同じと分類され ます。これらは精神面からくるものと推 察されます。 問題は後ろ足をかじる犬です。 〇精神的=心が落ち着かない 〇蚤=かゆい 〇アレルギー=かゆい 〇後肢の違和感=痛い、引っ掛かるなど

「アテンション」って?

2019年11月28日 メルマガより 昔からときどき訓練をかなりやっている だろう人からも尋ねられます。 ●キャリア5年の訓練士 「私の犬は訓練してても私の顔を見ない んです。どうすれば見るようになります か?」 ●ボーダーコリーで訓練競技会の常連と 思われる人 「なんでもできるんだけど私の顔だけ見 ないから、そこだけ治したいの。」 いきなり店内に入ってきて「そこ」だけ だからタダで教えろ!ってこ

愛犬への訓練士?ドッグトレーナー?誰が、どんな人が良いの?

この文章は、2019年11月18日 メルマガより (メルマガ登録で最新号を入手ください こちら) 最近気づいたので説明しやすくなりました。 それは・・・ 昔の訓練方法はダメで今は行動学だから良 い、とか。 アメリカ式やイギリス式などの欧米式は良 くて日本式はダメとか。 これらについて全く違う解説がしたくなり ました。 結構とっておきですよ! 私は、3つの理由から自分のやっているこ とに自信がありま

©2018 当サイトは株式会社アンビシャスにより制作され写真や文章の無断転載は著作権により固く禁止します。
犬に関わる活動において株式会社アンビシャスは「アンビシャス」を商標として登録しています。同種の活動においては他社他団体は「アンビシャス」を呼称として使用できません。

東京での【犬のしつけ教室】、トイプードルのしつけ教室、犬のトイレ相談は世田谷区のアンビシャスドッグアカデミー|犬のトレーニングやご相談はオンライン教室でも開催中です|東京での犬の幼稚園は三島毅先生が担当致します|世田谷での犬のトイレ相談、犬のしつけ教室、トイプードルのしつけ教室もお任せ下さい

【名称】アンビシャス ドッグアカデミー 【表記】 AMBITIOUS Dog Academy 【運営】株式会社アンビシャス
【動物取扱業登録証】 18東京都訓第005902号 18東京都保第005902 18第東京都販第005902