google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

本当の専門家を見極めること

更新日:1月31日

2020年6月28日 配信メルマガより


〇ほんとうの専門家はどこ?

最近、車をリースから買い取って所有に

替えました。


そこで車庫証明やら名義変更やらの手続

きがありました。


ディーラーの営業に相談したら現在の事

情をきちんと聴きとらずにアドバイスを

受けたことで車庫証明が必要な点が抜け

落ちる。


書類を持って管轄の陸運局へ行ったとこ

ろ「ナンバーが変りますね。車は今日あ

りますか?」と。

車庫の住所と使用者の住所、ナンバーに

影響するのは「使用者の住所」だったそ

うです。

警察所、ディーラー営業担当など皆さん

私から見たら「車とその関係する法律の

プロ」なのです。


今回の間違いは、私が所管の「陸運局」

という大本に尋ねなかったこと。


誰が悪いわけでもありません。。。


向き合った相手が「何の専門家」なのか

を見極めること。


ペット業界であり、犬業界もとても大切

だと改めて思いました。


私は、問題なく上手に犬を育て暮らす獣

医さんとあったことがありませんから。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ネットニュースとしてご覧になっている方もいるでしょう。 コロナ感染した飼い主が、家族が自分だけだったのか入院と同時に役所に犬の保護を求めたそうです。 しかし、その願いが叶わないと知ると飼い主は愛犬を街に離しました。 役所は、その離された犬にも感染を広めるリスクがあるかおしれないと判断したのか捕獲ではなく死を与えたのです。 逃げ惑う犬は車の下に一度は隠れたのですが、タイミングを見て持っていたスコップ