google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

春に備えたブラッシングとは?

少しずつですが、確かに暖かくなってきていると感じられる日々ですね。

そこで私達愛犬家も少しずつ始めましょう!


何を?

はい、ブラッシングです。特に副毛(アンダーコート)を抜き始めましょう。初夏に日本地図のような綿毛を胴体や太ももに浮かべている日本犬を見たことは皆さんあるのではないでしょうか?それは体を保温するために増えていたアンダーコートを抜いてあげなかったので犬自身が掻きむしる中で少しずつ刺激を受けて浮いてきたのです。

そこまで残っていたことは、日ごろのブラッシングによる皮膚の新陳代謝が遅いことにもありますから皮膚病のリスクも高まります。


差し迫ってから手入れをすると追いつきませんね。犬の毛はすごく沢山ありますからね。

そこで今の時期から少しずつブラッシングの量を増やして抜いてあげましょう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月18日配信 メルマガより ◇歯磨きについて 最近、歯磨きを教えたいというご希望を 多くいただくようになりました。 4年ほど前に、年間100万円以上をか けて7頭の愛犬の歯をすべて治療した時 には多くの人に「???」と思われたの で時代の変化を感じます。 歯磨きの最初のステップは「口を開けさ せる」ことができるかどうかです。 問題点は、多くのワンちゃんが、口に手 が伸びてくると持ってい

2019年12月18日 メルマガより ◇スタンダード(犬種標準の必要性) 多くの専門家も知らないのですが、スタ ンダードといってその犬種の骨格構成の 骨の比率や長さ、角度を世界で一番最初 に設定したのは西ドイツ「ジャーマン・ シェパード」です。 その制度が素晴らしいとイギリスの「KC (イギリス・ケンネルクラブ)」が導入 しました。 ドッグ・ショーのためと思われています が、犬の活動能力、つまり役

台風や豪雨の後ということペット関連のでニュースを話題になっているのが「レプトスピラ症」のようです。病気が何たるかはネットニュースに任せますね。 子犬の時期を中心に「混合ワクチン」の中に含まれていますね。特に8種だ9種だという時は大抵レプトスピラへの対策種類が増えている場合が主ですね。そして、、、アレルギー反応のリスクも増えます。 大切なポイントです。 とあるメーカー関係者自信が語っているという形の