愛犬への訓練士?ドッグトレーナー?誰が、どんな人が良いの?

最終更新: 7月30日

この文章は、2019年11月18日 メルマガより

(メルマガ登録で最新号を入手ください こちら


最近気づいたので説明しやすくなりました。


それは・・・

昔の訓練方法はダメで今は行動学だから良

い、とか。

アメリカ式やイギリス式などの欧米式は良

くて日本式はダメとか。

これらについて全く違う解説がしたくなり

ました。


結構とっておきですよ!


私は、3つの理由から自分のやっているこ

とに自信があります。

なぜ?

①行動心理学を応用した訓練方法は30年

前から取り入れており、師匠はさらに30

年前にアメリカから日本にメソッドを取り

入れた人。

ここからが私のオリジナル。


②犬を指導するのは人。だから腕の動きや

足の可動範囲など「人体構造学」も取り入

れている。


③マーケティングを学ぶと、そちらの分野

では相手の人に意見の理解を深めてもらう

ために「脳を3つのタイプに分ける」考え

をしており、だから私も説明する際には脳

科学も取り入れて解説している。


つまり「物事への考え方」「行動」

「説明」とすべてに意識を高く持っている

からです。


本題は、3つの脳とは

①爬虫類脳

②哺乳類脳

③人間脳

人の進化で通っている脳の変化。人により

成長が大きい部位が違う事で起きるようで

す。

【重要】人の優劣をつけるものではありま

せん。どのタイプの人も役割を担う上では

必ず必要であり大切なことを忘れないで下

さい。


①爬虫類脳とは、「これして!」「この数

字目指すから!」と言われることがハッキ

リしていて頭に入りやすい。

②哺乳類脳とは、「ほらほらフワッーとし

てて・・・」や「ああ、こんな感じかな」

など抽象的で感覚的なとらえ方考え方。

③人間脳とは、理論、ことわりを重視し、

あいまいなことは受け入れにくい。「これ

やって!」と言われても内心「なぜ?」と

理由がわからないと納得できない。


③の人間脳は学校の先生に多いといわれ

る。

だから先生が先生の基準で指導すると全体

の3割、33%の生徒しかすんなりと受け

入れられないのである。


複合型が基本と思った方が良いと思います

よ。


私は、哺乳類脳と人間脳の複合型です。

だから行動心理に対する理解発想の展開が

容易であり、その発見をメソッドに落とし

込むのも苦にならない、といった具合です。


ここまで書いてようやく本題ですね。

(笑)


犬の訓練に関わらず昔は職人と呼ばれる

技術者は「見て覚えろ」が基本であり、

中には「言われたことだけやっていれば

いいんだ!」といった感じで過ごしてい

ました。


勘のいいあなたならもうお分かりですね。

「見て覚えろ」で成長した人は爬虫類脳

タイプでしょうね。

「言われたことだけやっていればいいん

だ」で成長できた人は、一つづつ技術知

識の引き出しを増やした爬虫類脳タイプ

でしょうね。

人間脳タイプは、想像ですが「理屈っぽ

い」と敬遠されたか、納得できずに辞め

ていったことでしょう。


時代が変わり、欧米の「レシピ」「メソ

ッド」という決まり事を学んで一定レベ

ルに到達する方法が広がりました。

アメリカの○○式

イギリスの○○式

などですか。


つまりその人の持つ脳タイプに合った

「犬の訓練」が学べる人のタイプが広が

り、訓練方法も多様化したと考えられま

す。


では「良い訓練士」とは誰?ってことで

すが、、、


その人の才能と依頼するタイミング(受

講する時期)により違うでしょう。


①爬虫類脳タイプの訓練士

長所:実直でどの犬のタイプもコピーし

たように同じ動きとレベルに達成させる

でしょう。

短所:いつあっても何年たってもほぼ変

わらない訓練をします。


②哺乳類脳タイプの訓練士

長所:閃きにより革新的な訓練方法を生

み出すかもしれません。哺乳類なので犬

と同化したような、見ていて楽しい訓練

をするでしょう。

短所:気分により日々の訓練にもムラが

起きるかも。説明が抽象的になりがちで

聞いても意味がわかり難いかな。


③人間脳タイプの訓練士

長所:とにかく論理的なので説明も丁寧、

進行を飛ばすことも無く順序だてている

のでわかりやすい。性格に客観性もある

のでいつ話しても変わらない安定感。

短所:行動あるのみ「いいからやって

よ!」「○○だと大変でしょ、だから急

いでほしい」と感情的に訴えても、どち

らも受け付けないでしょう。

また、レシピやメソッドを学んだばかり

は「最先端」かもしれないが、時代が経

過した際に自分で発展はさせていけない。

常に外部からの「更新」が必要です。


これらは簡潔に書いています。

実際には補助の脳タイプがある複合型で

あることが多い事を忘れないで下さい。


#お薦めドッグトレーナー #家庭犬の訓練士 #犬のしつけ教室 #上手なドッグトレーナー #家庭犬の先生の選び方

最新記事

すべて表示

自分の足の毛をかじる犬について

2019年12月8日配信 メルマガより 一生懸命に管理しているのに前脚や後ろ 足をかじる犬がいます。 私の経験では、前足をかじる犬、その行 動は「常同行動」と呼ばれ人の「貧乏ゆ すり」「爪噛み行動」と同じと分類され ます。これらは精神面からくるものと推 察されます。 問題は後ろ足をかじる犬です。 〇精神的=心が落ち着かない 〇蚤=かゆい 〇アレルギー=かゆい 〇後肢の違和感=痛い、引っ掛かるなど

良い子犬の見分け方が「キャベツ!?」

2019年11月28日 メルマガより いつも長くなるパートなのでザックリと お伝えします。 子犬を持ち上げた時に「あれ!?思って いたよりズシッとくるなぁ。。。」とい う子を選びましょうということです。 野菜のキャベツも買う前にもって葉のつ まり具合を調べませんか? 明確な根拠はないのですが、想像をお伝 えします。 子犬には、まだ運動するための筋力はあ りません。 あるのは生きるために必要な脳と消

©2018 当サイトは株式会社アンビシャスにより制作され写真や文章の無断転載は著作権により固く禁止します。
犬に関わる活動において株式会社アンビシャスは「アンビシャス」を商標として登録しています。同種の活動においては他社他団体は「アンビシャス」を呼称として使用できません。

東京での【犬のしつけ教室】、トイプードルのしつけ教室、犬のトイレ相談は世田谷区のアンビシャスドッグアカデミー|犬のトレーニングやご相談はオンライン教室でも開催中です|東京での犬の幼稚園は三島毅先生が担当致します|世田谷での犬のトイレ相談、犬のしつけ教室、トイプードルのしつけ教室もお任せ下さい

【名称】アンビシャス ドッグアカデミー 【表記】 AMBITIOUS Dog Academy 【運営】株式会社アンビシャス
【動物取扱業登録証】 18東京都訓第005902号 18東京都保第005902 18第東京都販第005902