google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

愛犬への訓練士?ドッグトレーナー?誰が、どんな人が良いの?

更新日:2020年7月30日

この文章は、2019年11月18日 メルマガより

(メルマガ登録で最新号を入手ください こちら


最近気づいたので説明しやすくなりました。


それは・・・

昔の訓練方法はダメで今は行動学だから良

い、とか。

アメリカ式やイギリス式などの欧米式は良

くて日本式はダメとか。

これらについて全く違う解説がしたくなり

ました。


結構とっておきですよ!


私は、3つの理由から自分のやっているこ

とに自信があります。

なぜ?

①行動心理学を応用した訓練方法は30年

前から取り入れており、師匠はさらに30

年前にアメリカから日本にメソッドを取り

入れた人。

ここからが私のオリジナル。


②犬を指導するのは人。だから腕の動きや

足の可動範囲など「人体構造学」も取り入

れている。


③マーケティングを学ぶと、そちらの分野

では相手の人に意見の理解を深めてもらう

ために「脳を3つのタイプに分ける」考え

をしており、だから私も説明する際には脳

科学も取り入れて解説している。


つまり「物事への考え方」「行動」

「説明」とすべてに意識を高く持っている

からです。


本題は、3つの脳とは

①爬虫類脳

②哺乳類脳

③人間脳

人の進化で通っている脳の変化。人により

成長が大きい部位が違う事で起きるようで

す。

【重要】人の優劣をつけるものではありま

せん。どのタイプの人も役割を担う上では

必ず必要であり大切なことを忘れないで下

さい。


①爬虫類脳とは、「これして!」「この数

字目指すから!」と言われることがハッキ

リしていて頭に入りやすい。

②哺乳類脳とは、「ほらほらフワッーとし

てて・・・」や「ああ、こんな感じかな」

など抽象的で感覚的なとらえ方考え方。

③人間脳とは、理論、ことわりを重視し、

あいまいなことは受け入れにくい。「これ