google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

愛犬へのしつけに向けて

更新日:1月31日

2020年4月8日 配信メルマガより


◆トレーニングについて


愛犬に何かを教える前に大切なことを記

します。


自分の振る舞い、行動についてです。


指示を出す時には意識があっても、その

前後には配慮を欠いていること多々あり

ます。


まずは無意識の行動を意識する、自信で

動画を撮影して、こんな癖があったと見

つけることから始めると良いですよ。


おやつを持って練習する方に多い癖は、

おやつが手から無くなると「もう無いわ

よ!」とワンちゃんにわかるように手を

広げてバイバイ。。。

ああー、それではおやつを持っている持

っていないでワンちゃんの態度は変わり

ますよねーと思いませんか?




トレーナーも本当に腕の立つ人は、無駄

な動きが無いので美しいもの。

そして、それは癖が無いので引き継ぐ時

も容易なのです。

そして

「指示語(声)」⇒リードなど補助

⇒褒め声(あいづち)⇒成功体験⇒褒め

声⇒触れ合い⇒ご褒美


上記の順番は不動です。絶対です。

最初のリードの補助と指示語が逆になる

ケースが多いです。


覚えがよろしくない時は必ず順番が崩れ

ています。


ご注意くださいね!


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年9月8日 配信メルマガより ◆マーキング アンビシャスでは、動画による情報発信 に力を入れています。 その中でも動画再生数が多いコンテンツ が検索ワード「マーキング」です。 マーキングは何故起きるのでしょうか? 大きく分けて2つの理由となります。 ・自己顕示欲の充足 ・恐怖からの脱却 【自己顕示欲の充足】 ワンちゃん自身が上位者であると自分を 位置づけ「俺の縄張りだー!」と周りに 知らし