google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

愛犬へしつけをする際の重要ポイント

2020年5月8日 配信メルマガより


◇トレーニングの基本


クライアントのトレーニング動画

を振り返りで見ています。

やはり一番勿体ないと思う部分は愛犬へ

の伝え方の順番です。


1,声 2,表現 3,補助 4,声 5,表現 

これは

1,声の指示 2,体を使った指示 3,リー

ドやトリーツを使った補助 4,相づち 

5,称賛 6,スキンシップによる褒め

になります。


ところが多くの方々が

1,補助 2.3,指示 4,興奮

です。

2.3が同時なのはいろいろな考え方が

あるので良いのですが、1がもったい

ない。


日常から、まず「声」をかけて、次に

リードで引くやトリーツを動かすなど

の「補助」に移って下さい。


これだけで愛犬のいう事を聞く率は格

段に上がるのです。笑ってしまうくら

いにです!


最後に「指示語」の前に

ハイ!

○○ちゃん

など言葉、よけいな音をたさないで下

さい。

指示語ではなく、会話になってしまい

愛犬が聞き取りにくくなります。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年9月8日 配信メルマガより ◆マーキング アンビシャスでは、動画による情報発信 に力を入れています。 その中でも動画再生数が多いコンテンツ が検索ワード「マーキング」です。 マーキングは何故起きるのでしょうか? 大きく分けて2つの理由となります。 ・自己顕示欲の充足 ・恐怖からの脱却 【自己顕示欲の充足】 ワンちゃん自身が上位者であると自分を 位置づけ「俺の縄張りだー!」と周りに 知らし