google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

愛犬の歯のお手入れ(マウス・ケア)

2020年2月18日配信 メルマガより


◇歯磨きについて

最近、歯磨きを教えたいというご希望を

多くいただくようになりました。

4年ほど前に、年間100万円以上をか

けて7頭の愛犬の歯をすべて治療した時

には多くの人に「???」と思われたの

で時代の変化を感じます。


歯磨きの最初のステップは「口を開けさ

せる」ことができるかどうかです。

問題点は、多くのワンちゃんが、口に手

が伸びてくると持っていたモノを奪われ

ると考えてしまう事です。

そのような考えをもっていては、口の中

に指を入れたら噛まれます。


常日頃から口の周りを触らせたらおやつ

を与える。


くちびるをめくって門歯や脇の小臼歯を

見せてくれたらおやつを与える。


口を開かせてくれたら、閉じた時にはお

いしーいおやつが口に入っていた!とワ

ンちゃんが驚くようなサプライズを用意

して「口の周りを触らせてあげると幸せ

になれるんだね。」と思い描くようにワ

ンちゃんとは暮らしましょう。


まずは、そのあたりの刺激や体験を積み

上げることです。


ワンちゃんは、72時間に1回歯磨きを

することでかなりの歯周病は予防できる

そうです。


歯石予防の飲み水への添加サプリも販売

されていますが、私の経験では意味があ

りません。

5年以上継続して実験した結果です。


そもそも歯石が取れても歯と歯茎の間が

汚れていては、歯根で膿がたまり口臭も

収まりません。


いろいろなご意見はあると思いますが、

私は歯の治療は「日本小動物歯科研究

会」(会長フジタ動物病院院長 埼玉上

尾市)の所属獣医師に診てもらうことを

お奨めします。

http://www.sa-dentalsociety.com/


最近は、人の歯では食べていけない歯科

医とセールススキルが無い獣医師がネッ

トワークを作って「歯科専門」を売りに

しています。

歯の温存的思想から飼い主の感傷を刺激

して普及しているように思いますが、動

物たちが犠牲にならないことだけを願い

ます。

あくまでも個人的な主観です。


 #フジタ動物病院 #とだ動物病院 #愛犬のマウスケア #愛犬の歯のお手入れ #愛犬の歯磨き