google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

愛犬の多頭飼いについて

2020年1月28日発行 メルマガより


多くの犬たちを持っていると

「多頭飼い」

扱いになります。

メディアはしかたないのでしょうか?


なにに違和感を感じているのか。

それは、犬たちと「共有した時間を楽し

む」ことができていなければ、それは飼

うではないのではないでしょうか。


何十頭を劣悪な環境で飼育し、放置して

いたなど悲しいニュースについて。

私なら

多くの犬を「監禁」していた。

多くの犬たちを「拘束」していた。

が適しているように思うのです。


犬を飼うことにより幸せになる。

そのためには、「可愛がる」感情と「可

愛がられる」感情の飼い主の充足感と自

立心が必要だと思っています。

発動と受動ですね。相反する二つの感情

があるからこそ、心のバランスが取れる

という考え方です。


「自立」無くして「共生」も生まれませ

ん。


まして「支配欲」を満たすために犬を持

つなど「依存」も甚だしく、嘆かわしい

ですね。


私も6頭の愛犬と暮らす身です。

多頭飼い=可哀そう

という世間の風はご勘弁いただきたいも

のです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ネットニュースとしてご覧になっている方もいるでしょう。 コロナ感染した飼い主が、家族が自分だけだったのか入院と同時に役所に犬の保護を求めたそうです。 しかし、その願いが叶わないと知ると飼い主は愛犬を街に離しました。 役所は、その離された犬にも感染を広めるリスクがあるかおしれないと判断したのか捕獲ではなく死を与えたのです。 逃げ惑う犬は車の下に一度は隠れたのですが、タイミングを見て持っていたスコップ