google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

愛犬との上手なお散歩のポイント

2020年2月18日 配信 メルマガより


ワンちゃんの困った行動の中でお散布中

の引っ張りなど外出時のお悩みは少なく

ありません。

しかし、その原因の多くは、飼い主のリ

ードの使い方である場合も少なくないの

です。


大きな誤解をお持ちのようですが、リー

ドは、ワンちゃんの行動を制限したり束

縛するものではありません。

私たち人の意思を伝える補助具です。

補助具なので普段は「ショック」と呼ば

れる一時的なテンション(張り)による

刺激の質や方向でサポートします。


大前提として、リードは地面に対して

「平行」に引かれます。旅行カバンは標

準的に滑車(タイヤ)が付いていますね。


滑車が付いた旅行カバンを上に吊り上げ

ながら引っ張る人はいないと思います。


腕を下げて、旅行カバンを寝かせるよう

にして引いてはいませんか?


その行動が、すなわち「地面に対して平

行を維持して」引いていることになりま

す。物理の摩擦抵抗の部分ですね。


実際は、さらに筋肉の反射運動が加わる

のですが、ここでは触れません。


女性の方は、バッグなどで下からしゃく

るようにモノを持つ行為に馴れています。

持久力も身についているので違和感を感

じ難くなっています。ご注意ください。

リードの角度について、この後のお散歩

で意識してみて下さい。