google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

幼犬の育成にともなう必要な栄養価

2019年12月18日 メルマガより



あくまでも私の経験です。


離乳の時期

親のゴハンを子供たちと一緒に与えてい

て、子犬たちが食器に顔を入れ始めたら

親のゴハンを余るほどに作ります。

子犬は親の行動を見て興味を持つし、成

長に比例して必要になれば、もしくは食

事を食べるくらいの顎や飲み込む力、消

化能力が身につけば自然と食べられるよ

うにします。生後何日からなど正確な時

期は子犬は教えてくれないのです。任せ

ますね。


離乳食からおよそ生後3カ月程度までは

可能な限り食事は制限せずに子犬が食べ

られるようにします。

理由は、

①最適な量など子犬は教えてくれません。

繁殖家の自己満足、支配欲の充足のため

に量を調整しているに過ぎないと思って

います。


②胃を満腹状態に馴らしておかないと新

しい飼い主は子犬が欲しがれば可愛いか

ら「足りないと可哀そう」と食事を増や

すものです。そこで消化能力が満腹に追

いつかないと下痢をし、体調を急激に悪

化させるキッカケになります。


③子犬は、とにかく病気、体調を崩すと、

病と闘う力は「蓄え」しかありません。

保険のつもりで生後3カ月位の混合ワク

チンの接種がすべて終わるまでは必ず満

腹になるくらい与えます。


では、お腹を壊す子には?

もちろんそういう子には調整します。

しかし、食べ過ぎて下痢をするような内

臓の弱い子では、作業犬にもショードッ

グも無理でしょう。そういった子が生ま

れる系統は繁殖を止めます。

新しいご家族へお渡ししても、心配が絶

えませんし、医療費もかさみます。


そして生後4~6カ月、もしくは~10

カ月位までは犬種や大きさによりますが

、肉は付けずに骨を育てるために節制し

ます。

余計な体重があると中手部(手首)や飛

節(かかと)の関節が内側に入り、正面

や背後から見た際に「X脚」になってし

まいます。

ショードッグならもちろんですが、一般

家庭犬も健康上ならないに越したことは

ありません。


未成犬から成犬に向かう頃に、筋肉をつ

けるために運動量に適した栄養価の有る

食事を与えます。


ちなみに、ごはんだけで体の見た目(状

態)を作った場合、激しい運動を与える

と1週間程度でストンッと激やせします。

(笑)

まあ、その後も継続していくと本当の筋

肉が身についてきてガッチリした犬へと

変貌します。


#子犬の育て方 #子犬の注意点 #犬の栄養について #アンビシャス・ドッグアカデミー #東京都内犬のしつけ教室