google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

尿検査の続き

前回の尿検査の方法は、見慣れない方にはショッキングだったのかもしれませんね。ごめんなさいです。

ですが、一番大切な「ご愛犬の今を正確に知る事。」の為にはとても重要な事です。


日頃の健康確認と初期治療をする病院と本格的な治療をする病院は分けるべきだと思います。ご参考までにどうぞ。


①エコーで膀胱内の尿の残量を確認します。


②エコーを確認しながら適切に膀胱へ注射針を進めます。


緊張しないと言ったら嘘になりますが「ギャー!!」と騒ぐような行動は見られませんのでご安心くださいね。


③検査に必要量を採取して終了です。注射針を刺した位置からの出血なども一切見られません。


今回は、前回膀胱炎の石の一つが見つかり、伴って炎症も起きていたようなので経過観察の意味合いから採取、検査となりました。


#葛西りんかい動物病院 #垰田先生 #獣医師の名医 #頼りになる愛犬たちの主治医

#犬の膀胱炎検査

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月18日配信 メルマガより ◇歯磨きについて 最近、歯磨きを教えたいというご希望を 多くいただくようになりました。 4年ほど前に、年間100万円以上をか けて7頭の愛犬の歯をすべて治療した時 には多くの人に「???」と思われたの で時代の変化を感じます。 歯磨きの最初のステップは「口を開けさ せる」ことができるかどうかです。 問題点は、多くのワンちゃんが、口に手 が伸びてくると持ってい

2019年12月18日 メルマガより ◇スタンダード(犬種標準の必要性) 多くの専門家も知らないのですが、スタ ンダードといってその犬種の骨格構成の 骨の比率や長さ、角度を世界で一番最初 に設定したのは西ドイツ「ジャーマン・ シェパード」です。 その制度が素晴らしいとイギリスの「KC (イギリス・ケンネルクラブ)」が導入 しました。 ドッグ・ショーのためと思われています が、犬の活動能力、つまり役