google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

子犬の選び方と基本的な心構え

2019年10月18日メルマガより


◇子犬の悩み 選び方の基本と心構え


暑さが去り、気温の低下に合わせて子犬の

購入をお考えになる人のお話を良く耳にす

るようになりました。


どんな準備や学びが必要か簡単に書きたい

と思います。


子犬選びの注意点は、子犬の容姿から選び

やすいです。しかし、容姿からは想像もで

きないほど活発であったり、逆に動かない

といった「予定と違う」ことが起きます。


この予定とは何でしょうか?それは描いて

いたライフスタイルと犬の犬種的な特徴や

能力が合っていない時に生じます。


理想の子犬選びは?となると私にとっては

アンビシャスのスタイルになるので弊社の

ことをお話します。


アンビシャスは、トレーニングショップで

すが、ご要望により日本中からその犬種の

トップクラスをお探しすることができます。

現在ショーに出場している田口レオナちゃ

ん。4戦して2回1番。20日も出場。

普通は市場に出回らない、ブリーダーが自

分のご褒美として楽しむレベルの子犬でし

た。というか、レオナちゃんに関しては、

ブリーダーが「うちに残したオスよりいい

んだよ~」と言ってました。


しつけDVDモデル犬で取寄せたアンディ君。

チャンピオンの上のクラスのFCIチャンピ

オンの子供。アンディ君もチャンピオンに

なれるレベルです。


もちろんご予算に応じてもお探しします。


つまりお取り寄せのビジネスモデルです。


在庫を抱えると売れ残りのリスクがある

ので本当は向いていないのに子犬を探し

ているお客様に売りたくなるでしょう。

展示販売はほとんど行っていません。

頼まれた時か、どうしても誰かに紹介し

たい子犬と出会った時に限ってです。


一時期は「トイ・プードルはじめての飼い

方・しつけ方」の影響から多数の相談を受

けましたが、自信の持てる子犬だけしかお

取り扱いしないので年間で8頭程度だった

と思います。


ご来店いただくと、アンビシャスでは最初

に全犬種図鑑をお渡しします。そこで気に

なった犬に付箋を付けてもらいます。


何故?

これで容姿のご希望がわかります。色柄の

好みもわかります。

どんなドッグライフを望まれていて、どん

な生活リズムが楽で都合が良いかをお聞き

します。

これにより犬種的な向き不向きがわかりま

す。


そんなことからトイ・プードルを希望され

た方にシー・ズー犬を販売し今でもとても

喜ばれているケースもございます。


これはビジネスで言うところの「アウトサ

イドイン」という考え方になるのかな?古

い言い方では「森を見てから木をみる」と

言えるかと思います。一旦広い視点で考え