子犬との飼主としての関係性と「しつけ」

2019年11月8日 メルマガより


【子犬との関係性と「しつけ」】

子犬の内はたくさん膝の上で撫でることで

す。

そして「追いかけっこ」で遊びます。

これを論理的に解説すると・・・

インサイド アウト

アウトサイド イン

になります。

人の元が安全で安らげる最高の場所だと子

犬に刷り込む(インプリンティング)ので

す。

つぎに

人が瞬時には守り切れない2mほど離れた

位置から手元へ子犬が入ってくることを学

ばせます。


最初に最高の場所だと人の元を教えていな

いとして、どうして呼ばれたからと向かう

理由があるのでしょうか?


安心だから、安らげる、から呼ぶという行

為が「来ても良いよ!」という許しの合図

となり、子犬は喜び、一目散に人の元へや

って来るのです。


その辺りも含めてアンビシャス・メソッド

では「トレーニングは人と犬とのコミュニ

ケーションの一部であるべき」という概念

を持っています。


多くのスクールが、訓練士がいきなり「呼

び」の練習をするのは間違いです。

まずは、手元の「得」を教え、少しずつ長

く手元に滞在できるような「得」を教えな

がら「世界一の場所」と刷り込むのです!


#子犬のしつけ #パピートレーニングで重要なこと #アンビシャスドッグアカデミー

最新記事

すべて表示

自分の足の毛をかじる犬について

2019年12月8日配信 メルマガより 一生懸命に管理しているのに前脚や後ろ 足をかじる犬がいます。 私の経験では、前足をかじる犬、その行 動は「常同行動」と呼ばれ人の「貧乏ゆ すり」「爪噛み行動」と同じと分類され ます。これらは精神面からくるものと推 察されます。 問題は後ろ足をかじる犬です。 〇精神的=心が落ち着かない 〇蚤=かゆい 〇アレルギー=かゆい 〇後肢の違和感=痛い、引っ掛かるなど

「アテンション」って?

2019年11月28日 メルマガより 昔からときどき訓練をかなりやっている だろう人からも尋ねられます。 ●キャリア5年の訓練士 「私の犬は訓練してても私の顔を見ない んです。どうすれば見るようになります か?」 ●ボーダーコリーで訓練競技会の常連と 思われる人 「なんでもできるんだけど私の顔だけ見 ないから、そこだけ治したいの。」 いきなり店内に入ってきて「そこ」だけ だからタダで教えろ!ってこ

愛犬への訓練士?ドッグトレーナー?誰が、どんな人が良いの?

この文章は、2019年11月18日 メルマガより (メルマガ登録で最新号を入手ください こちら) 最近気づいたので説明しやすくなりました。 それは・・・ 昔の訓練方法はダメで今は行動学だから良 い、とか。 アメリカ式やイギリス式などの欧米式は良 くて日本式はダメとか。 これらについて全く違う解説がしたくなり ました。 結構とっておきですよ! 私は、3つの理由から自分のやっているこ とに自信がありま

©2018 当サイトは株式会社アンビシャスにより制作され写真や文章の無断転載は著作権により固く禁止します。
犬に関わる活動において株式会社アンビシャスは「アンビシャス」を商標として登録しています。同種の活動においては他社他団体は「アンビシャス」を呼称として使用できません。

東京での【犬のしつけ教室】、トイプードルのしつけ教室、犬のトイレ相談は世田谷区のアンビシャスドッグアカデミー|犬のトレーニングやご相談はオンライン教室でも開催中です|東京での犬の幼稚園は三島毅先生が担当致します|世田谷での犬のトイレ相談、犬のしつけ教室、トイプードルのしつけ教室もお任せ下さい

【名称】アンビシャス ドッグアカデミー 【表記】 AMBITIOUS Dog Academy 【運営】株式会社アンビシャス
【動物取扱業登録証】 18東京都訓第005902号 18東京都保第005902 18第東京都販第005902