何て危険なんだ! 大は安全を兼ねる!!

子犬がペットシーツをかじり破いてしまうことをお悩みと聞きアドバイスをした。「馬のアキレスといった自然のガム的なものがあります。15cm程度の長さかもしれませんが悪戯をしないように”お仕事”をあたえるのです。」

ところが残念なことに在庫が無く、店員に進められた小さくカットされたものを購入なさったそうだ。

朝、掃除をしているところで前からいる生後6カ月のプードルちゃんが遊べと騒いでいるので購入した馬のアキレスを与える。5分ほどしてふっと見てみるとアキレスは影も形もない。。。

飲み込んだ可能性が大だ!


緊急の連絡を受けて確認してみると「馬のアキレスの何て小さい事!誤飲するのも当然ではないか!!」というお洒落!?いいやバカげたサイズだ。

おしゃれ派?目黒区だから?ジャーキーのようにカットしてあるものが多いようだが、自然派ならば全て犬思いだと思うのだろうか?犬の行動を知らないなら作るな!!と思う出来事であった。

加工したガム系は嫌いだ。そして柔らかくなると毛にも就くから与えない。よって馬のアキレス腱は良く利用する品の一つだが、残念だ。

みなさんも与える際は大きめのモノを与えるように。飲み込んでしまいがちな7cm程度になったらもったいないようだが廃棄しよう。安全の為。

今回の商品の危険サイズがわかるように写真を添付します。






7回の閲覧

最新記事

すべて表示

【愛犬の長生きを考える】

2019年11月8日 メルマガより 犬は長生きになりました。 薬や検査機器が目覚ましい発展を遂げたか らですね。 そういう意味では、私は多くの開業獣医師 を信じられなくなっています。 60歳を超える獣医師の時代の犬は8歳程度 で死んでいました。 40~50歳代でも師事した先生のレベル により60歳代の先生と同程度だからです。 本題に戻りますが、私の愛犬のサラダちゃ んは14歳と数カ月です。 今は肝

【NEW 動画でアンビシャスのご案内】が開始です!

全てのコンテンツが出そろうには、あと6週間は必要だと思いますが、6月18日よりアンビシャスの詳細情報を動画にてご案内することが開始されました。 これはペット業界としては先駆け的な活動であり、ご理解頂きたいことはその「新規性」「行動力」「集中力」などは、日ごろのご愛犬の管理やトレーニングにも共通する重要事項だと思うのです。あなたにとってメリットが大きい点だと思います。 50作品位が投稿されています。

主治医からのお説教

この文章は、じつは2019年の年末に起きたことを書いています。 今さらかと言われればそうなんですが、時間経過で事実が変わるわけでもないので下書きから公開に変更します。 年末ということで雑務に追われ、28日は今年最後の愛犬たちの健康確認を信頼できる代理人にお願いして主治医である葛西りんかい動物病院へ連れて行ってもらいました。 長期の服用薬がたくさんあります。 するとなんだかんだとズレが生じて、無くな

©2018 当サイトは株式会社アンビシャスにより制作され写真や文章の無断転載は著作権により固く禁止します。
犬に関わる活動において株式会社アンビシャスは「アンビシャス」を商標として登録しています。同種の活動においては他社他団体は「アンビシャス」を呼称として使用できません。

東京での【犬のしつけ教室】、トイプードルのしつけ、犬のトイレ相談は東京のアンビシャスへ|犬の問題解決やしつけ相談は訪問して丁寧にご対応|東京での家庭犬の相談は三島毅先生へ|東京都の犬のトイレ、マーキングなどのお悩みもお任せ下さい

【名称】アンビシャス ドッグライフ・クリエイター 【表記】 AMBITIOUS Dog Life Creator 【運営】株式会社アンビシャス