google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

何て危険なんだ! 大は安全を兼ねる!!

子犬がペットシーツをかじり破いてしまうことをお悩みと聞きアドバイスをした。「馬のアキレスといった自然のガム的なものがあります。15cm程度の長さかもしれませんが悪戯をしないように”お仕事”をあたえるのです。」

ところが残念なことに在庫が無く、店員に進められた小さくカットされたものを購入なさったそうだ。

朝、掃除をしているところで前からいる生後6カ月のプードルちゃんが遊べと騒いでいるので購入した馬のアキレスを与える。5分ほどしてふっと見てみるとアキレスは影も形もない。。。

飲み込んだ可能性が大だ!


緊急の連絡を受けて確認してみると「馬のアキレスの何て小さい事!誤飲するのも当然ではないか!!」というお洒落!?いいやバカげたサイズだ。

おしゃれ派?目黒区だから?ジャーキーのようにカットしてあるものが多いようだが、自然派ならば全て犬思いだと思うのだろうか?犬の行動を知らないなら作るな!!と思う出来事であった。

加工したガム系は嫌いだ。そして柔らかくなると毛にも就くから与えない。よって馬のアキレス腱は良く利用する品の一つだが、残念だ。

みなさんも与える際は大きめのモノを与えるように。飲み込んでしまいがちな7cm程度になったらもったいないようだが廃棄しよう。安全の為。

今回の商品の危険サイズがわかるように写真を添付します。






閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ネットニュースとしてご覧になっている方もいるでしょう。 コロナ感染した飼い主が、家族が自分だけだったのか入院と同時に役所に犬の保護を求めたそうです。 しかし、その願いが叶わないと知ると飼い主は愛犬を街に離しました。 役所は、その離された犬にも感染を広めるリスクがあるかおしれないと判断したのか捕獲ではなく死を与えたのです。 逃げ惑う犬は車の下に一度は隠れたのですが、タイミングを見て持っていたスコップ