レプトスピラ症に注意!

台風や豪雨の後ということペット関連のでニュースを話題になっているのが「レプトスピラ症」のようです。病気が何たるかはネットニュースに任せますね。

子犬の時期を中心に「混合ワクチン」の中に含まれていますね。特に8種だ9種だという時は大抵レプトスピラへの対策種類が増えている場合が主ですね。そして、、、アレルギー反応のリスクも増えます。


大切なポイントです。

とあるメーカー関係者自信が語っているという形の3次情報です。

レプトスピラ症へのワクチンの効力は、じつは1年は持たないようです。10カ月程度と考えているようです。

つまり10月に毎年混合ワクチンを接種しているとネズミなどが運搬者となってウィルスを運ぶのに、そのネズミの活動時期にじつは抗体がキレている・・・ってことが起きているかもしれないのです。


可能性が完全に否定されない現状では、アンビシャスでは可能な限り2月ころのワクチン接種をお奨めするようにしています。これならば万が一レプトスピラ症への抗体がキレていても12月・1月と比較的ネズミさん等が大人しい時期だから感染リスクが低いと考えています。

転ばぬ先の杖ですね。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

主治医からのお説教

この文章は、じつは2019年の年末に起きたことを書いています。 今さらかと言われればそうなんですが、時間経過で事実が変わるわけでもないので下書きから公開に変更します。 年末ということで雑務に追われ、28日は今年最後の愛犬たちの健康確認を信頼できる代理人にお願いして主治医である葛西りんかい動物病院へ連れて行ってもらいました。 長期の服用薬がたくさんあります。 するとなんだかんだとズレが生じて、無くな

緊急時の熱中症対応に役立つモノとは?

最近は過剰なほどにコンビニがある。が、犬を連れて出かけた海や山の周辺で必ずあるとはいえない。そこで役立つのが清涼飲料水を売っている自動販売機だ。体調の悪くなっている犬の内股、お腹と大腿部の付け根辺りには太い静脈があるのでそこを目指して缶ジュースの胴部分を押し付けるのだ。ペットボトルよりアルミ製を選ぶ。そして振っても噴出しない内容物にする。振るのは犬の皮膚に触れている部分を出来るだけ冷やしたいからだ

副毛(アンダーコート)の処理は大丈夫?

人は主毛だけ、犬は主毛と副毛がある。春先から副毛は抜いてやるべきですが、なかなか忙しい。取りきれていない。すると時に見かける日本犬などは胴体にまるで世界地図が描かれているように綿毛(副毛)が浮き出している。ダックスフンドもロングなどはあるし、キャバリアもある。そして今日は雨といった具合に暑さに湿度が加わってきた。すると、、、皮膚病を起こしやすくなる。しっかり予防するには、皮膚の衛生管理が大切。まず

©2018 当サイトは株式会社アンビシャスにより制作され写真や文章の無断転載は著作権により固く禁止します。
犬に関わる活動において株式会社アンビシャスは「アンビシャス」を商標として登録しています。同種の活動においては他社他団体は「アンビシャス」を呼称として使用できません。

東京での【犬のしつけ教室】、トイプードルのしつけ、犬のトイレ相談は東京のアンビシャスへ|犬の問題解決やしつけ相談は訪問して丁寧にご対応|東京での家庭犬の相談は三島毅先生へ|東京都の犬のトイレ、マーキングなどのお悩みもお任せ下さい

【名称】アンビシャス ドッグライフ・クリエイター 【表記】 AMBITIOUS Dog Life Creator 【運営】株式会社アンビシャス