google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

ドッグトレーナーの雑談

2020年4月8日 配信メルマガより


神頼みを始めましょう!


という訳ではございませんが、今日4月

8日はお釈迦様の誕生日ですね。


私はふっと思ったのです。

「末広がりは富士のお山のようで縁起が

いい!」と「8=八」をラッキー7の日

本版のように言いますよね。


富士山とかじゃなくて、お釈迦様の生誕

日である「八」を尊び感謝したのではな

いでしょうか?


ついでに雑談を書くと・・・


料理に必ず使う包丁。


じつは人の名前だったそうです。


昔、中国に肉屋で牛を解体する名人がい

たそうです。


どの職人がさばいても相手が牛だから骨

に歯が当たって刃物の刃はあっという間

に欠けてしまう。


ところが名人ときたら「スッーーーー」

とお豆腐でも切るように牛を解体してい

ったそうです。


その彼の名前が「包丁」。


中国でも刃物を販売する際にセールス

トークとして「包丁の刃のように素晴ら

しい切れ味だ!!」と垂れ幕をしていた

そうです。


時代が経過し、日本でも刃物を売ろうっ

て時に「あれ~向こうでは『包丁』って

書いて売ってるぞ。へー包丁(ほうちょ

う)っていうのか!?」となったとか。


本当は、、、彼の名前は「包丁(ほうて

い)」(笑)

中国語の読めない日本人には仮名が欲し

かったですね!


この話のネタ元ですか?


古代中国の儒学者「荘子(そうし)」に

ついてわかりやすく本を書いていた中国

人女性の巻末に書かれていました。(笑)


できた時間をわからない、自分で解決で

きない事に悩むより、心を豊かにする学

びの時間にするのも風情があっていいか

もしれませんね。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ネットニュースとしてご覧になっている方もいるでしょう。 コロナ感染した飼い主が、家族が自分だけだったのか入院と同時に役所に犬の保護を求めたそうです。 しかし、その願いが叶わないと知ると飼い主は愛犬を街に離しました。 役所は、その離された犬にも感染を広