【愛犬の長生きを考える】

2019年11月8日 メルマガより


犬は長生きになりました。

薬や検査機器が目覚ましい発展を遂げたか

らですね。

そういう意味では、私は多くの開業獣医師

を信じられなくなっています。

60歳を超える獣医師の時代の犬は8歳程度

で死んでいました。

40~50歳代でも師事した先生のレベル

により60歳代の先生と同程度だからです。


本題に戻りますが、私の愛犬のサラダちゃ

んは14歳と数カ月です。

今は肝臓と関節の痛み止めと全般的効能の

サプリと最近腎臓の薬と目薬を飲みます。


私は相当早く変化に気付くし、定期的に検

診も受けるので早期発見です。


よって回復や悪化阻止が出来てしまいます。


ふと、あといくつの病気でありお薬を与え

るのだろう。

そして、サラダちゃんは何回の痛みや苦し

みを迎えるのだろうか、と考えてしまいま

した。


もしも12歳で亡くなっていたら、肝臓と痛

み止めだけで終わっていました。

もしも目の病が進行したら摘出手術になる

かもしれません。


離れる寂しさを迎えたくないという私のエ

ゴに付き合わせているのではないだろうか、

自問自答はどの愛犬に対しても必ず迎えま

す。


2代目の愛犬、18歳のポメラニアンが3日

間意識を失っていたのに奇跡的に意識が戻

り、奇跡的に立ち上がり、散歩ができた3

カ月間。

おまけの日々としては偉大過ぎました。


振り返って写真を見てみると「よくぞここ

までボロボロになるまで一緒にいてくれた

ものだ。」と感謝より申し訳なさが命日の

たびに強くなっています。

最新記事

すべて表示

自分の足の毛をかじる犬について

2019年12月8日配信 メルマガより 一生懸命に管理しているのに前脚や後ろ 足をかじる犬がいます。 私の経験では、前足をかじる犬、その行 動は「常同行動」と呼ばれ人の「貧乏ゆ すり」「爪噛み行動」と同じと分類され ます。これらは精神面からくるものと推 察されます。 問題は後ろ足をかじる犬です。 〇精神的=心が落ち着かない 〇蚤=かゆい 〇アレルギー=かゆい 〇後肢の違和感=痛い、引っ掛かるなど

「アテンション」って?

2019年11月28日 メルマガより 昔からときどき訓練をかなりやっている だろう人からも尋ねられます。 ●キャリア5年の訓練士 「私の犬は訓練してても私の顔を見ない んです。どうすれば見るようになります か?」 ●ボーダーコリーで訓練競技会の常連と 思われる人 「なんでもできるんだけど私の顔だけ見 ないから、そこだけ治したいの。」 いきなり店内に入ってきて「そこ」だけ だからタダで教えろ!ってこ

愛犬への訓練士?ドッグトレーナー?誰が、どんな人が良いの?

この文章は、2019年11月18日 メルマガより (メルマガ登録で最新号を入手ください こちら) 最近気づいたので説明しやすくなりました。 それは・・・ 昔の訓練方法はダメで今は行動学だから良 い、とか。 アメリカ式やイギリス式などの欧米式は良 くて日本式はダメとか。 これらについて全く違う解説がしたくなり ました。 結構とっておきですよ! 私は、3つの理由から自分のやっているこ とに自信がありま

©2018 当サイトは株式会社アンビシャスにより制作され写真や文章の無断転載は著作権により固く禁止します。
犬に関わる活動において株式会社アンビシャスは「アンビシャス」を商標として登録しています。同種の活動においては他社他団体は「アンビシャス」を呼称として使用できません。

東京での【犬のしつけ教室】、トイプードルのしつけ、犬のトイレ相談は東京のアンビシャスへ|犬の問題解決やしつけ相談は訪問して丁寧にご対応|東京での家庭犬の相談は三島毅先生へ|東京都の犬のトイレ、マーキングなどのお悩みもお任せ下さい

【名称】アンビシャス ドッグライフ・クリエイター 【表記】 AMBITIOUS Dog Life Creator 【運営】株式会社アンビシャス