google.com, pub-9624450785094690, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 

「犬が覚える(学ぶ)」ことを解説

2020年2月28日 配信 メルマガより


◇アンビシャス・メソッドの基本的なア

プローチの流れ


多くの人々の「犬への学習」は間違って

いる!


と、感じるのでアンビシャスの基本的な

ステップを特別にお伝えすることにしま

す。


トレーニング、ときに「しつけ」と言わ

れるものは、その極論は「ワンちゃんに

は、人にとって都合の良い動きをしても

らうこと」です。


忘れてはならないとても大切なポイント

です。


*動かないご愛犬へのトレーニングのご

依頼程難題なお仕事は無いと思っていま

す。


私どもにとって都合の良い「動き」を選

んでもらうためには、ワンちゃんが動い

ていることが最初はものすごく大切なの

です。


「なんて大人しいの!」と動かないワン

ちゃんをみると多くの人々が喜びうらや

ましがる状況を多く目にします。


ちょっと待ってください!


「動かない」であり「言う事を聞く子=

良(い)い子」ではないのです。


アンビシャス・メソッドでは、


1、人と一緒に行動(動く)楽しさを学

ばせる。


2、人と一緒に動けるように寄ってくる

(オイデを含む)努力をさせる。


3、楽しく一緒に過ごす中で、少しずつ

課題・条件(スワレ、フセなど)を与

え、増やし、出来たらもっと楽しくな

るようにする。


4、少しずつ「マテ」という『動かない

動き』も含める。


という流れを基本としています。


最初に「マテ」は絶対に教えません!


当初から「命令」を与えてスワレやフ

セを教えません。


人と一緒に過ごす楽しさこそお互いの

幸せであり、縁あって「一緒に過ごす

羽目」になったワンちゃんへの敬意だ

と思っています。


一連の流れ、参考にしてみて下さい。