「アテンション」って?

2019年11月28日 メルマガより


昔からときどき訓練をかなりやっている

だろう人からも尋ねられます。


●キャリア5年の訓練士

「私の犬は訓練してても私の顔を見ない

んです。どうすれば見るようになります

か?」


●ボーダーコリーで訓練競技会の常連と

思われる人

「なんでもできるんだけど私の顔だけ見

ないから、そこだけ治したいの。」


いきなり店内に入ってきて「そこ」だけ

だからタダで教えろ!ってことでした。


2人とも同じ内容です。

多数聞かれる質問です。


私やアンビシャスの技術顧問である安齋

先生などは「それでどうやって犬が学ん

でいくのか逆に教えてもらえませんか?」

と心中では思います。


私どもにすれば「犬の訓練」というモノ

を学び始めた最初に「できなければなら

ないこと」だからです。


テレビを見続けているお子さんやご友人

に話をしてどのくらいの確率で内容は伝

わっていますか?


そもそも一緒にいる関係としていかがな

ものでしょうか?


極論の答えは「他の出来事や情報よりも

大きな期待を相手があなたに対して感じ

取ってくれるだろうか」に尽きることで

す。


「ながら」の対応をさせず、耳を澄ませ、

目をしっかりと向けてもらえるようにな

りましょう。


そのためには、まずは短時間の、0,5

秒でも良いので「ハイ!つながったー!」

と感じることができる連結体験を積み重

ねましょう。


ほんのわずかなつながりでも、それが連

続してできるようになると自然と「一つ

の塊=アテンション」へとステップアッ

プします。


そして、訓練士を選ぶならば、そんな些

細な一瞬も大切にする人を選ぶべきです

よ。

最新記事

すべて表示

自分の足の毛をかじる犬について

2019年12月8日配信 メルマガより 一生懸命に管理しているのに前脚や後ろ 足をかじる犬がいます。 私の経験では、前足をかじる犬、その行 動は「常同行動」と呼ばれ人の「貧乏ゆ すり」「爪噛み行動」と同じと分類され ます。これらは精神面からくるものと推 察されます。 問題は後ろ足をかじる犬です。 〇精神的=心が落ち着かない 〇蚤=かゆい 〇アレルギー=かゆい 〇後肢の違和感=痛い、引っ掛かるなど

良い子犬の見分け方が「キャベツ!?」

2019年11月28日 メルマガより いつも長くなるパートなのでザックリと お伝えします。 子犬を持ち上げた時に「あれ!?思って いたよりズシッとくるなぁ。。。」とい う子を選びましょうということです。 野菜のキャベツも買う前にもって葉のつ まり具合を調べませんか? 明確な根拠はないのですが、想像をお伝 えします。 子犬には、まだ運動するための筋力はあ りません。 あるのは生きるために必要な脳と消

©2018 当サイトは株式会社アンビシャスにより制作され写真や文章の無断転載は著作権により固く禁止します。
犬に関わる活動において株式会社アンビシャスは「アンビシャス」を商標として登録しています。同種の活動においては他社他団体は「アンビシャス」を呼称として使用できません。

東京での【犬のしつけ教室】、トイプードルのしつけ教室、犬のトイレ相談は世田谷区のアンビシャスドッグアカデミー|犬のトレーニングやご相談はオンライン教室でも開催中です|東京での犬の幼稚園は三島毅先生が担当致します|世田谷での犬のトイレ相談、犬のしつけ教室、トイプードルのしつけ教室もお任せ下さい

【名称】アンビシャス ドッグアカデミー 【表記】 AMBITIOUS Dog Academy 【運営】株式会社アンビシャス
【動物取扱業登録証】 18東京都訓第005902号 18東京都保第005902 18第東京都販第005902