「フードガード」が起きない育て方

子犬からのフードガード予防 フードガードと聞いて「あーあれね。」とわかる方ってどのくらいいらっしゃいますか?

 

実は、私もちょっと今でも耳になれないんです。

 

まあ、食事中のワンちゃんに近づく相手を、ワンちゃんが自分のご飯を守ろうとして食器を中心にうなり威嚇をする行動と言って良いかと思います。

 

今回はフードガードを行う愛犬を直すではなく、フードガードを行うようなワンちゃんにしないことをテーマに解説を進めたいと思います。

 

フードガードの根本的な考えは、手が伸びてくるとワンちゃんにとって自分のご飯を奪われると思い込んでしまう事ですね。

ということは、そういう考えを起こさせない、基本的な考え方は、手が伸びるのは何かを奪われるではなく、増やしてもらえる、もしくは、特別な何かが手に入る機会だとワンちゃんが考えるようになれば、決してうなったり威嚇したり噛み付くような攻撃をするような子にはならないという事です。

 

生後50日、60日くらいであれば週21回の食事、そうですね一週間にその内の1/2から1/3回の食事に対して、これからお話しするように与えてください。

 

ご飯を入れた器を持ち、空の食器をワンちゃんの前に置きます。

そして、ワンちゃんには、あなたが手から食器に食事を入れてあげる形で与えるようにしてください。

これに慣れてきたら、初めに食事の1/3から1/2魚を与え、夢中で食べているワンちゃんに対して追加であなたは手を伸ばし残されたご飯を少しずつ足してあげるようにします。

 

このようにして、食事中にあなたが手を伸ばすことは良いことがある。

 

また、伸ばされるとご飯が増えていくという印象を強化していきます。

よって、あなたが行なってはいけない行動は、「はい、ご飯だよ。」と言って、与えたら与えたままでその場から離れてしまうことはやってはいけません。

この「与えたまま離れること」を繰り返すと、ワンちゃんはあなたがご飯をくれたという部分は記憶から無くなり、本能として自分の得た獲物と言う「食べ物は自分のもの」。 そこだけが強く刷り込まれて行きます。

 

一週間の食事の回数の1/2から1/3回ぐらいは、そうですね、1日3回であれば一週間で21回あるわけですから、10回から7回ぐらいは、手から ワンちゃんの食器を目指してご飯を足していくようなコミュニケーションをお取りください 。

 

HPアドレスは下記

https://www.paws-ambitious.com/ Udemy

 

オンライン講座は

https://www.udemy.com/course/draft/3082518/?referralCode=3B2168A91C2C5D4DE912

 

トイレのお悩みなら

https://ambitious-dogacademy.teachable.com/courses

 

愛犬の悩みを解決する時「しつけ教室」を考えますね。

 

それはベストな答えでしょうか?

 

犬種や、性格や、個性が違います。

一緒に暮らす家族の性格や構成、なによりも目標が違います。

 

最適な解決が本当にしつけ教室にあるのでしょうか?

 

「カウンセリング」や「プライベート・レッスン」は、高い技術力と豊富な経験があるからおこなえます。

もちろん個別対応だから、あなたにピッタリな方法しか伝えません。

 

子犬のトイレでお困りの方には、どこにお住まいでもオンラインでお役に立てます。

 

あなたへの最高のサポートをお約束します。

お気軽にお問合せ下さい。

 

選び抜いたアンビシャスお薦めのグッズもございます。

https://ambitious-dogs.shop-pro.jp/

©2018 当サイトは株式会社アンビシャスにより制作され写真や文章の無断転載は著作権により固く禁止します。
犬に関わる活動において株式会社アンビシャスは「アンビシャス」を商標として登録しています。同種の活動においては他社他団体は「アンビシャス」を呼称として使用できません。

東京での【犬のしつけ教室】、トイプードルのしつけ教室、犬のトイレ相談は世田谷区のアンビシャスドッグアカデミー|犬のトレーニングやご相談はオンライン教室でも開催中です|東京での犬の幼稚園は三島毅先生が担当致します|世田谷での犬のトイレ相談、犬のしつけ教室、トイプードルのしつけ教室もお任せ下さい

【名称】アンビシャス ドッグアカデミー 【表記】 AMBITIOUS Dog Academy 【運営】株式会社アンビシャス
【動物取扱業登録証】 18東京都訓第005902号 18東京都保第005902 18第東京都販第005902